象の翼

ゲームを中心に、色々な物事についての情報を整理してまとめておくブログです

【愚痴】5.1割救助してくる傭兵に萎えるの巻

呪術師ランクマッチ解禁されましたね。呪術師は初心者にも使いやすくていいサバイバーだと思いますが、決して万能ではないので過信は禁物です。例えば追いかけられながら適当に小スタンを入れていてもプラスにはなりません。治療を受ける時間が長くなってしまうというデメリットを抱えていることもあり、できることならノーダメージで立ち回れるようにしたいし、ダメージを喰らわないためには強ポジに移動する必要があり、そのスキを作るための小スタンと考えるのがいいと思います。そう考えると初心者向きのサバイバーという意味もわかると思います。初心者が強ポジまで逃げる時間を稼ぐのには呪術師がいいんです。また、治療に加わったり救助したりと、解読100族の強みを活かしてフレキシブルな運用を心がけたいですね。

さて、記事タイトルは愚痴です。椅子に縛られていると、サバイバーが来るのわかるじゃないですか。もうね、傭兵が何故か壁裏で待機してるのを見ると、これ5割超えるなってわかるんですよね。案の定超えてサバイバー敗北です。私もやらかすことがあるので自戒を込めて言いますが、5.1割救助の罪は重い。3割救助の方がずっとマシなんですよ。0割救助するのがほとんどハンター側のスパイに近い行為だということはたぶんゲームに慣れた人ならわかると思うんですが、5.1割救助は同等の利敵行為なんです。少し早いぶんには問題なく、少し遅れたら大問題だということをランクマッチに参戦するサバイバーの皆さんは知っておいてください。4.9割を狙わないでください。ハンターが近くにいて読み合いしたり殴られたりすることを含めて、ロスタイムを考慮に入れて救助に来てください。お願いします。